ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ごみの分け方

更新日:2021年4月1日更新 ページ番号:0011322 印刷ページ表示

ごみの分け方

 循環型社会を築くため市では、指定袋による分別収集を行っています。

不良の市指定ごみ袋を回収します

 市指定のごみ袋に、規格より小さいサイズの製品が見つかっています。サイズが小さいごみ袋や裁断の不良で破けているなどの製品があった場合は、良品と交換しますので問い合わせてください。

分別方法

 分別は、普通ごみ、資源ごみ(カン、ビン、ペットボトル、金属、紙・布類)、粗大ごみ、小型家電・有害ごみとなっています。 指定袋は、市内のスーパーマーケット、コンビニエンスストアー、商店などで販売しています。

 詳しい分別方法については下記のチラシ、パンフレットをご覧ください。
 なお、環境課・市民生活課・各出張所の窓口においても同様のものを配布しています。

 ごみの分け方・出し方(日本語) [PDFファイル/1011KB]

 ごみの分け方・出し方(英語・English) [PDFファイル/658KB]

 ごみの分け方・出し方(中国語・繁体字) [PDFファイル/965KB]

 ごみの分け方・出し方(中国語・簡体字) [PDFファイル/977KB]

 ごみの分け方・出し方(タイ語) [PDFファイル/774KB]

 ごみの品目別一覧表 [PDFファイル/628KB]

指定袋の種類と価格(10枚入り)

普通ごみ(大):450円
普通ごみ(小):200円
資源ごみ(大):200円
資源ごみ(小):100円

事業系ごみ・引っ越しごみ・一時多量ごみの取り扱い

 事業系ごみ(事業所・商店等から出る資源ごみ・普通ごみ等)は、一般の「ごみ集積場」には出せません。 また、引っ越しごみ・一時的な多量ごみについても同様です。直接旭中継施設へ搬入するか、収集運搬許可業者に委託し、処理してください。

家電リサイクル法

 テレビ(液晶、プラズマ含む)、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機の家電は、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)に基づきリサイクルが行われています。

 不要になった対象家電を処分する場合は、購入した家電小売店に依頼するか、買い替えの際に家電小売店に引き取りをお願いしてください。また、個人で処分する場合は、家電リサイクル料金を郵便局で振り込み、証明書等を添付して指定引取場所まで搬入してください。(ごみステーションへは出せません。)

 なお、くわしくはお問い合わせください。

旭中継施設で処理できないごみもあります

 搬入されるごみの中に時折、農薬類がみられます。農薬類は取り扱い方法によっては危険なため、一般のごみとして出されると処理過程で事故の原因になります。処理する場合は、販売店、専門店に引き取ってもらうか、産業廃棄物処理業者に処理を依頼してください。

各地区のごみの収集日

 各地区のごみの収集日については『収集日一覧』でご確認ください。

旭中継施設搬入受け付け

 搬入日 :月~土曜日(年末年始を除く)
 搬入時間:午前8時30分~正午 午後1時~午後4時

小型家電リサイクル法

 携帯電話やデジカメなどの小型家電は、従来通り不燃ごみとしても排出できますが小型家電リサイクルとして処分することも出来ます。
 お近くの「使用済小型家電回収ボックス」(無料)に投入してください。
 ※ごみステーションでは小型家電リサイクルとしての収集はしておりません。

有害ごみ(水銀使用廃製品)

 水銀による環境汚染と環境被害の懸念から、家庭で使用された水銀を含む使用済み製品については各施設に設置する専用ボックスにより拠点回収を行っています。
 詳しくは特殊な処分方法のごみに掲載している水銀使用廃製品の項目をご覧ください。

ごみの出し方Q&A

 ごみの出し方等について、よく寄せられる質問をまとめました。『ごみの出し方Q&A』でご確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)