ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 保険年金課 > 後期高齢者医療制度とは

本文

後期高齢者医療制度とは

更新日:2021年5月6日更新 ページ番号:0003519 印刷ページ表示

 後期高齢者医療制度は、高齢者と現役世代の負担を明確にし、社会全体で高齢者の医療費を支えあうためにつくられたもので、都道府県単位で全ての市町村が加入する「後期高齢者医療広域連合」が保険者となります。

運営・窓口

 運営は、県内すべての市町村が加入する「千葉県後期高齢者医療広域連合」が行い、市町村は、保険料の徴収や各種申請・届出の受付、保険証の引渡しなどの窓口業務を行います。

被保険者

 千葉県内に住む75歳以上(一定の障害がある場合は65歳以上)の方は、千葉県後期高齢者医療広域連合の被保険者となります。変更の手続き等は必要ありません。(65歳以上で一定の障害のある方は認定を受けた日から被保険者となり、申請が必要です。)

 資格を取得するとき

  1. 75歳になったとき(75歳の誕生日当日から)
  2. 75歳以上の方が千葉県後期高齢者医療広域連合の区域に転入してきたとき
  3. 65歳以上75歳未満の方が一定の障害があると認定されたとき(申請が必要です)

自己負担割合・給付内容

自己負担割合

 医療機関の窓口では、かかった医療費の1割を支払います。ただし、一定以上所得がある人は3割負担になります。

※一定以上の所得がある方とは・・・住民税の課税所得が145万円以上の被保険者及び同一世帯に属する被保険者。ただし、下表の条件に該当する方は申請により、1割負担になります。

被保険者が
1人の場合
前年の収入額が383万円未満
ただし383万円以上でも同一世帯に70歳から74歳の方がいる場合は、その方と被保険者の収入の合計額が520万円未満
被保険者が
2人以上の場合
前年の収入の合計額が520万円未満

高額療養費

 医療費が一月単位の自己負担限度額(下の表)を超えると、その分が高額療養費として支給されます。該当する方には通知を送付します。

区分 外来(個人ごとに計算) 外来+入院(世帯ごとに計算)
現役並み所得者3 252,600円
・総医療費が842,000円を超えた場合
 (総医療費-842,000円)×1%を加算
○多数回該当(※1)の場合は140,100円
現役並み所得者2 167,400円
・総医療費が558,000円を超えた場合
 (総医療費-558,000円)×1%を加算
○多数回該当(※1)の場合は93,000円
現役並み所得者1 80,100円
・総医療費が267,000円を超えた場合
 (総医療費-267,000円)×1%を加算
○多数回該当(※1)の場合は44,400円
一般 18,000円
○年間(8月~翌年7月)の上限は144,000円
57,600円
○多数回該当(※1)の場合は44,400円
区分2(※2) 8,000円 24,600円
区分1(※3) 8,000円 15,000円

※1 多数回該当とは、直近12カ月以内に3回以上高額療養費の該当となった場合、4回目以降の自己負担額が軽減されることです。
※2 区分2とは、世帯全員が住民税非課税の世帯です。
※3 区分1とは、世帯全員が住民税非課税で、その世帯全員の個々の所得(年金収入は控除額80万円で計算。給与所得が含まれている場合は、給与所得の金額から10万円を控除して計算)が0円となる被保険者です。

限度額適用認定について

 「現役並み所得者2」「現役並み所得者1」に該当する人は、申請して認定証の交付を受けてください。この認定証を医療機関に提示すると、自己負担限度額の減額の適用が受けられます。申請により、高額療養費としてあとから支給を受けることもできます。

限度額適用・標準負担額減額認定について

 「区分2」・「区分1」に該当する方は、申請して認定証の交付を受けてください。この認定証を医療機関に提示すると、自己負担限度額および入院時食事代の減額の適用が受けられます。

その他の支給

 次のような診療に要した費用の全額を自己負担した場合、市に申請して認められると後日、自己負担分を差し引いた金額が支給されます。

  1. 急病などやむを得ない理由で保険証などが使えず、医療費を支払ったとき
  2. 医師が必要と認めたコルセットなどの治療用装具代
  3. 医師が必要と認めたマッサージ、あんま、はり・きゅうの治療費
  4. その他特殊な移送費用、輸血用の生血代など
  5. 骨折や捻挫などで柔道整復師の施術を受けたとき
  6. 海外に渡航中、治療を受けたとき(治療が目的で渡航した場合は対象外)

葬祭費について

 被保険者が亡くなった場合に、葬儀を行った人に葬祭費として5万円が支給されます。葬祭費は、葬儀を行った日の翌日から2年を過ぎると支給されませんのでご注意ください。
1.申請書添付書類 会葬礼状や葬儀の領収書など葬儀執行者の確認ができるもの

高額医療・高額介護 合算療養費制度

 世帯内で医療保険および介護保険の高額介護サービス費の適用を受けた後の自己負担額を合算して、著しく高額となった場合に、毎年8月1日~翌年7月31日までの1年間の限度額が設けられ、それを超えた分を給付する制度です。

高額医療・高額介護合算療養費制度の年間自己負担限度額(毎年8月1日~翌年7月31日までの1年間の合算額)

所得区分 所得要件 後期高齢者医療制度+介護保険
(75歳以上のみ)
現役並み所得者3 市県民税の課税所得が690万円以上の人と、その人と同じ世帯にいる人 212万円
現役並み所得者2

市県民税が380万円以上690万円未満の人と、

その人と同じ世帯にいる人

141万円
現役並み所得者1

市県民税が145万円以上380万円未満の人と、

その人と同じ世帯にいる人

67万円
一般 現役並み所得者、区分2、区分1以外の人 56万円
区分2

世帯全員が市県民税非課税の人

(区分1以外の人)

31万円
区分1 世帯全員が市県民税非課税でその世帯全員の個々の所得(年金収入は控除額80万円で計算。給与所得が含まれている場合は、給与所得の金額から10万円を控除して計算)が0円となる被保険者 19万円

※支給額が500円以下の場合は支給されません。

<支給申請の手続き>

  • 具体的な手続きや不明な点は、下記の窓口まで相談してください。

保険年金課高齢者医療年金班 電話番号 0479-62-5882
高齢者福祉課介護保険班 電話番号 0479-62-5308

保険証

  • 「後期高齢者医療被保険者証」は一人に1枚ずつ交付されます。
  • 毎年8月1日に更新となります。7月中に新しい被保険者証を郵送します。

保険料の算出

 保険料率は、県広域連合内で均一です。
 算出方法は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額で、被保険者一人ひとりにかかります。
 一人当たり保険料=均等割額43,400円+所得割額(基礎控除後の総所得金額×所得割率8.39%)
 ※保険料の上限は64万円(年額)です。また保険料率については、2年ごとに広域連合で決定されます。

保険料の軽減策

所得の低い方

 世帯の所得状況に応じて均等割額が軽減されます。

2021年度 軽減判定所得基準
軽減判定所得基準
(世帯内の被保険者と世帯主の総所得金額等の合計)
軽減割合 軽減後の均等割額
43万円+10万円×(給与・年金所得者の数-1)※以下の場合 7割 13,020円

43万円+(28.5万円×世帯内の被保険者の数)

+10万円×(給与・年金所得者の数-1)※以下の場合

5割 21,700円

43万円+(52万円×世帯内の被保険者の数)

+10万円×(給与・年金所得者の数-1)※以下の場合

2割 34,720円

 ※世帯内の被保険者数と世帯主のうち、以下のいずれかに該当する方が2人以上いる場合には、その人数から1を減じた数に10万円を乗じた金額を加えます。

  • 給与所得(専従者給与を除く)が55万円を超える。
  • 65歳以上(前年の12月31日現在)で公的年金収入(特別控除額15万円を差し引いた額)が110万円を超える。
  • 65歳未満(前年の12月31日現在)で公的年金収入が60万円を超える。

●軽減の判定は、被保険者や世帯主の所得により自動判定を行い、軽減を適用しますので、申請の必要はありません。

●軽減判定の対象となる方の所得申告が無い場合には、所得の申告が必要となる場合があります。

●均等割額の軽減判定における総所得金額等は、退職所得を含みません。また、専従者控除、譲渡所得の特別控除の税法上の規定は適用されません。

●65歳以上(1月1日時点)の方の公的年金所得については、その所得から特別控除額15万円を差し引いた額で軽減判定します。

会社の健康保険などの被扶養者であった方

 後期高齢者医療制度加入の前日に、会社の健康保険や共済組合などの被用者保険の被扶養者であった方の均等割額が軽減されます。また、所得割額は賦課されません。

2021年度 被扶養者であった方の保険料軽減
均等割 加入した月から2年間のみ5割軽減
所得割 負担なし(0円)

 ※所得の低い方の均等割軽減(7割軽減、5割軽減)の対象者は、所得の低い方の均等割軽減が優先されます。

保険料のお支払い方法

年金からの天引き(特別徴収)

 年額18万円以上の年金受給者(介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超える場合や被保険者となった後の特別徴収準備期間は除く)が対象です。年6回の年金定期払いの際に天引きされます。
 ※希望により年金からの天引きによる支払いを口座振替による支払いへ変更することができます。希望する場合は手続きが必要ですので問い合わせてください。(現金による支払いへの変更はできません)

納付書で納付(普通徴収)(7月~翌2月までの8期)

 年金からの天引きとならない方が対象です。納付書で、納期内に指定された金融機関で支払ってください。
 ※保険料を納期限までに納めない場合、納期限の翌日から延滞金が加算され、督促状や催告書が送付されます。そのままにしておくと、財産の差し押さえなどの滞納処分を受けることもあります。

こんなときには届け出を

届け出が必要な場合 届け出に必要なもの
65歳以上75歳未満の一定の障がいのある方で、申請により後期高齢者医療制度の被保険者になろうとするとき 障害者手帳等、一定の障がいの程度がわかるもの・健康保険証・印かん
他の市区町村に転出するとき 被保険者証・印かん
他の都道府県から転入してきたとき 負担区分等証明書・印かん
生活保護を受けるようになったとき 保護開始決定通知書・印かん
死亡したとき 被保険者証・印かん
葬祭費の申請 葬儀を行った方(喪主)の銀行口座・印かん・葬祭の領収書又は会葬礼状(喪主の確認ができるもの)
被保険者証を紛失・破損したとき 印かん・本人確認できるもの

後期高齢者短期人間ドック助成事業

 以下の要件すべてに該当する方の短期人間ドック費用の一部を助成します。

  • 後期高齢者医療保険料を完納している方
  • 同じ年度内に人間ドックを受検していない方
  • 同じ年度内に市が実施する健康診査等を受診していない方
  • 検査に支障がない方(医師の指示により検査を止められていない方)
  • 市が、ドック成績報告書を指定医療機関から受領することを承認する方

助成金額

 検査費用の70%(助成限度額3万円)を助成します。
 ※オプションは自己負担となります。

申請方法

 市で指定した医療機関に予約の上、早めに保険証を持参して申請してください。

指定医療機関及び人間ドック料金表

医療機関名 コース 費用総額 市負担分 料金
(自己負担分)
連絡先
旭中央病院 1日(男性) 42,834円 29,990円 12,844円 予防医学研究センター
0479-62-3822
1日(女性) 45,034円 上限 30,000円 15,034円
1泊2日 67,100円 上限 30,000円 37,100円
島田総合病院 1日 42,900円 上限 30,000円 12,900円 予防医学センター
0479-22-0063
通院2日 59,400円 上限 30,000円 29,400円
1泊2日 64,900円 上限 30,000円 34,900円
匝瑳市民病院 1日(男性) 予約などの詳細はお問い合わせください 0479-72-1525
1日(女性)

国際医療福祉大学成田病院

1日 42,900円 上限 30,000円 12,900円 0476-35-5602
通院2日 62,700円 上限 30,000円 32,700円
1泊2日 71,500円 上限 30,000円 41,500円

関連リンク