ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 市民生活課 > 印鑑登録

本文

印鑑登録

更新日:2021年4月1日更新 ページ番号:0002231 印刷ページ表示

印鑑登録証明書は、不動産の登記や金銭貸借のときに使われる大切なものです。

印鑑登録ができる人

満15歳以上で、旭市に住民登録をしている人です。
※成年被後見人の方が印鑑登録を申請する場合は、成年被後見人ご本人が市役所(本庁)市民生活課にお越しいただき、かつ法定代理人(成年後見人)が同行している場合に限って、申請が可能となります。

印鑑登録の方法

印鑑登録は市役所(本庁)市民生活課で申請することができます。各出張所で印鑑登録を申請することはできません。

1.本人が登録する場合に必要なもの

※上記の証明書類がない場合は、郵送で送付された照会書の回答書(本人が書いたもの)を持参して14日以内に登録することになります。

  1. 登録する印鑑
  2. 本人であることを確認できるもの(次のうちいずれか1つ)
    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • パスポート
    • 在留カードまたは特別永住者証明書
    • そのほか、官公署発行で写真付きの身分証明書
    • 保証書(旭市に印鑑登録してある人による)

2.代理人が登録する場合に必要なもの

  1. 登録する印鑑
  2. 代理人の本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  3. 委任状 委任状のダウンロードページ

※上記の申請をすると、本人宛に照会書を郵送しますので、回答書(本人が書いたもの)と登録する印鑑を14日以内に持参してください。
※委任状・回答書は必ず登録する人が書いてください。

印鑑登録証の交付

 登録手続きが完了すると印鑑登録証が交付されます。

印鑑登録の廃止

印鑑を紛失したり、き損・摩滅などの理由で印鑑を使用することができなくなったときには、印鑑登録廃止届を提出してください。

1.本人が申請する場合に必要なもの

  1. 申請者の登録印鑑
  2. 印鑑登録証
  3. 本人確認書類

2.代理人が申請する場合に必要なもの

  1. 代理人の印鑑
  2. 登録印鑑
  3. 委任状 委任状のダウンロードページへ
  4. 印鑑登録証
  5. 代理人の本人確認書類

印鑑登録証の亡失

 印鑑登録証を紛失した場合は、本人が印鑑登録証亡失届出書により届け出をしてください。

必要なもの

  1. 登録印鑑
  2. 本人確認書類

※印鑑登録証明書が必要になる場合は、再登録が必要となります

印鑑登録証の再登録

 新規登録と同じ手続きが必要です。

印鑑登録証明書の交付申請

1.本人が申請する場合に必要なもの

  1. 印鑑登録証

2.代理人が申請する場合に必要なもの

  1. 印鑑登録証
    ※申請書に必要な人の住所、氏名、生年月日が正確に記入できない場合、証明書は交付できません。

3.交付手数料

1通 300円

印鑑登録できない印鑑

  1. ゴム印など変形しやすいもの
  2. 印影の大きさが、1辺の長さ8mm以下のもの、および25mm以上のもの
  3. 市販のプレス印など登録用として適当でないもの
  4. 印影が不鮮明なものや、文字が判読できないもの
  5. 住民登録されている氏名以外を表しているもの
  6. 職業などほかの事項を合わせてあるもの