ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 企画政策課 > 旭市定住促進奨励金と【フラット35】地域連携型について

本文

旭市定住促進奨励金と【フラット35】地域連携型について

更新日:2021年5月17日更新 ページ番号:0006498 印刷ページ表示

旭市定住促進奨励金の紹介

旭市では市内に定住する意思をもって住宅を取得し転入した人に「定住促進奨励金」の交付を行っています。交付要件や申請については以下のとおりです。

交付要件

  • 平成30年4月1日以降に市内に転入していること。
  • 平成30年4月1日以降に住宅を取得(自ら住宅を新築、あるいは新築住宅または中古住宅を購入し、所有権保存登記または所有権移転登記を行うこと)していること。
  • 住宅の取得の日と転入の日との間に3年以上の期間がないこと。
  • 転入の日から起算して過去3年以上旭市の区域外に住所を有していたこと。
  • 交付申請時において旭市に定住していること。
  • 世帯全員に旭市の市税及び国民健康保険税の滞納がないこと。
  • 過去に当該定住促進奨励金の交付を受けていないこと。
  • 申請する住宅が過去に当該定住促進奨励金の交付対象となっていないこと。

などの要件をすべて満たしている人が交付対象となります。
平成30年3月31日以降に住宅を取得し、転入した方も、奨励金交付の対象となる場合があります。
くわしくは、企画政策課政策推進班(電話 0479-62-5382)まで問い合わせてください。

【フラット35】地域連携型が利用できます 

住宅金融支援機構の住宅ローン【フラット35】地域連携型の利用を希望される方で、旭市定住促進奨励金の対象となる場合は【フラット35】の借入金利の優遇(当初5年間、年▲0.25%)を受けることができます。

【フラット35】地域連携型の利用を希望される方は【フラット35】地域連携型利用申請書を旭市役所企画政策課へ提出し、利用対象証明書の交付を受ける必要があります。

【フラット35】地域連携型の詳細については、住宅金融支援機構のホームページ(外部サイト)<外部リンク>でご確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)