ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 総務課 > 災害に備えて

本文

災害に備えて

更新日:2018年2月27日更新 ページ番号:0002720 印刷ページ表示

避難情報

 災害時に「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。

避難準備・高齢者等避難開始

 避難の準備を呼び掛けるとともに、災害時要援護者に早めの避難行動を求める者です。自主避難する人のために一部の避難所を開設します。

避難勧告

 被害が予想される地域の住民に、避難を勧めるものです。市が指定した避難場所に避難を開始してください。逃げるいとまがない場合には、近くの安全な場所(津波は高台、土砂災害は自宅の2階など)へ。

避難指示(緊急)

 避難勧告よりも強く避難を求めるものです。避難勧告よりも急を要する場合や、人的被害が出る危険性が非常に高まった場合に発令します。ただちに避難行動を開始してください。

 

地震対策

 地震は、いつ起こるかわかりません。そこに地震のもつこわさがあります。地震の発生をくい止めることはできないにしても、被害を最小限にとどめるため次のようなことを心がけましょう。

  1. ブロック塀や石垣はくずれないように補強しましょう。
  2. 不安定なアンテナや屋根瓦は補強しましょう。
  3. プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定しましょう。
  4. 家具や大型家電製品などの転倒防止策や装飾品などの落下防止策を行いましょう。
  5. 地震でこわいのは火災です。日ごろから火気器具の点検・整備をして、家から火を出さない環境づくりに心がけましょう。
  6. 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えましょう。
  7. 避難場所や避難経路の確認や役割分担など、防災についての家族会議を開きましょう。

 

非常持ち出し品

カンパン・かんづめなどの非常食、飲料水、懐中電灯(予備の電池も)、ラジオ、救急箱、防災ずきん、厚手の手袋、長そでの上着、じょうぶなくつ、十徳ナイフ、リュックサック、歯ブラシ、シーツなど

 

地震・津波から身を守る

 被害を大きくさせないためには、状況をよく把握し、落ち着いて行動することが大切です。

  1. テレビ・ラジオで正しい情報を入手する。デマに惑わされないようにする。
  2. すばやく火を消して、火を使わないようにする。
  3. ドアを開けて出口を確保する。(あわてて外にはとび出さない)
  4. 山間部や海岸地帯で地震を感じたら、がけ崩れ・津波に注意し、早めに避難態勢をとる。
  5. 消火器・消火用水の置き場所を確かめる。
  6. 電話の使用、車の運行は控える。(避難は徒歩で)
  7. 子ども・老人・病人の安全を確かめる。
  8. エレベーターは使わないようにする。

 ※市では災害対策本部を設置し、広報車・防災行政無線によって注意を呼びかけます。

 

風水害対策

 台風や豪雨に備えて、日ごろから次のようなことに注意して点検をしておきましょう。

  1. 雨どいに落ち葉や土砂がつまっていないか点検しましょう。
  2. アンテナや看板にぐらつきがある場合は固定しましょう。
  3. 停電に備えて懐中電灯やラジオの準備をしておきましょう。
  4. トタンのめくれやはがれの補修をしましょう。
  5. 浸水の恐れのあるところは、土のうなどの用意をしておきましょう。