ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 教育委員会 > 教育委員会 教育総務課 > 学校給食

本文

学校給食

更新日:2021年4月23日更新 ページ番号:0001335 印刷ページ表示

 学校給食を作っている給食センターは市内に2か所あります。市内小中学校20校の児童・生徒に安全・安心な給食を届けています。

センター名 対象校 食数
第一給食センター 中央小、干潟小、富浦小、矢指小、豊畑小、中和小、古城小、旭一中、旭二中、干潟中 3,200食
第二給食センター 琴田小、共和小、鶴巻小、滝郷小、嚶鳴小、三川小、飯岡小、萬歳小、海上中、飯岡中 2,200食

学校給食献立表

アレルギー一覧表

朝食レシピ集

朝食は1日の大切なエネルギー源です。毎日しっかり食べましょう。
ここでは、市内小学校の保護者の方々の協力により作成されたました「朝から元気モリモリ朝食レシピ集」を紹介します。
ご家庭でぜひ作ってみてください。

朝から元気モリモリ朝食レシピ集[PDFファイル/2.2MB]

学校給食摂取基準の改正について

 最新の児童生徒の栄養摂取状況等をふまえ、平成30年7月31日より新しい学校給食摂取基準が施行されました。旭市では平成31年4月より新しい基準をもとに給食の献立を作成していきます。

児童又は生徒一人一回当たりの学校給食摂取基準
区分 基準値
児童(6歳~7歳)の場合 児童(8歳~9歳)の場合 児童(10歳~11歳)の場合 生徒(12歳~14歳)の場合
エネルギー(kcal) 530kcal 650kcal 780kcal 830kcal
たんぱく質(%) 学校給食による摂取エネルギー全体の13%~20%
脂質(%) 学校給食による摂取エネルギー全体の20%~30%
ナトリウム(食塩相当量)(g) 2g未満 2g未満 2.5g未満 2.5g未満
カルシウム(mg) 290mg 350mg 360mg 450mg
マグネシウム(mg) 40mg 50mg 70mg 120mg
鉄(mg) 2.5mg 3mg 4mg 4mg
ビタミンA(μgRAE) 170μgRAE 200μgRAE 240μgRAE 300μgRAE
ビタミンB1(mg) 0.3mg 0.4mg 0.5mg 0.5mg
ビタミンB2(mg) 0.4mg 0.4mg 0.5mg 0.6mg
ビタミンC(mg) 20mg 20mg 25mg 30mg
食物繊維(g) 4g以上 5g以上 5g以上 6.5g以上

(注)1 表に掲げるもののほか、次に掲げるものについても示した摂取について配慮すること。
 亜鉛・・児童(6~7歳)2mg、児童(8~9歳)2mg、児童(10~11歳)2mg、生徒(12~14歳)3mg
 2 この摂取基準は、全国的な平均値を示したものであるから、適用に当たっては、個々の健康及び生活活動等の実態並びに地域の実情等に十分配慮し、弾力的に運用すること。
 3 献立の作成に当たっては、多様な食品を適切に組み合わせるよう配慮すること。

学校給食費

給食費(日額・月額)及び給食日数
区分 日額 月額 給食日数
小学校 240円 4,190円 192日
中学校 270円 4,720円

※上記の給食費は全て食材費にあてています。

 旭市では、学校給食法により学校給食の運営に係る費用のうち、人件費や設備費などを除いた食材費に相当する金額を、「学校給食費」として保護者の皆さまにご負担いただいています。
 学校給食では、安心・安全の面や地産地消の観点から、旭市近郊産をはじめとする国産品を中心とした材料を使用しております。
 今後とも、子どもたちがおいしく、楽しく食べられるよう努めてまいりますので、保護者の皆さまのご理解をお願いします。

給食費の減免

 市では、市内在住で市内の小学校と中学校に3人以上の子どもが在籍する家庭を対象とし、保護者からの申し出により第3子以降の給食費が無料となります。
 ただし、教育扶助及び就学援助費の受給世帯を除きます。
 申請手続きは、毎年2月頃に学校から配布される減免申請書を提出してください。

3人目以上の児童または生徒 減免率100%

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)