ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 消防本部 > 飛沫防止用ビニールシートを設置する場合は火災に注意しましょう

本文

飛沫防止用ビニールシートを設置する場合は火災に注意しましょう

更新日:2020年9月10日更新 ページ番号:0002494 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の飛沫感染対策の一環として、レジや窓口にビニールシートなどを設置する店舗や事業所が増えています。ビニールシートを設置する場合は、次のことに注意してください。

1 火気の近くに設置しない

ビニールシートは燃えやすい素材であるため、厨房など火気を使用する場所や照明器具(白熱電球等)付近に設置しないよう注意してください。

2 避難上支障がある場所には設置しない

避難口や誘導灯が見えにくくなる場所など、避難の支障となる場所には設置しないでください。

3 消防用設備などへの影響がある場所には設置しない

自動火災報知設備の感知器の付近に設置すると、火災を有効に感知できなくなる恐れがあります。
また、スプリンクラーヘッドの付近に設置すると、火災が発生した際、散水障害になる恐れがありますので、設備からの距離や間隔を開けるようにしてください。

飛沫防止用のシート設置に係るリーフレット

「飛沫防止用シート」の火災に注意![PDFファイル/1.4MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)