ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 消防本部 > 住宅用火災警報器設置費用の助成を開始しました

本文

住宅用火災警報器設置費用の助成を開始しました

更新日:2020年7月10日更新 ページ番号:0002472 印刷ページ表示

住宅用火災警報器設置費用の助成を開始しました

 旭市では住宅火災における安全を確保するため、「住宅用火災警報器」を設置した場合に、購入(設置を含む)に要した費用の一部を助成します。

助成対象者

  1. 市内に住所を有し、次のいずれにも該当する者のみの世帯に属するものとする。
    1. 75歳以上の高齢者であること。
    2. 市税を滞納していないこと。
    3. 他の制度により給付等を受けることができないこと。
  2. 上記1にかかわらず、同一住宅内に上記1の要件に該当しない者が居住している場合は、助成対象外です。

助成対象となる火災警報器

 次のいずれにも該当するものとする。

  1. 火災警報器は煙式で国家検定に合格したものとし、交付決定後に市内の販売店で購入し設置されたものであること。
  2. 借家にあっては、所有者の承諾を得た上で設置されたものであること。
  3. 設置場所は、普段の就寝に使用する部屋と2階に就寝する部屋がある場合などは、階段の踊り場の天井または壁にも設置されたものであること。

 注)台所などの任意場所に設置した火災警報器は、助成対象外です。

合格表示の画像
「合格表示」

設置場所の画像
「設置場所」

助成額

  1. 購入(設置を含む)に要した費用の2分の1の額とし、5千円が限度。ただし、100円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。
  2. 助成金の交付は、1世帯につき1回です。
  3. 助成金の交付は、予算の範囲内です。

助成金交付の申請方法

  1. 火災警報器を購入する前に、交付申請が必要です。
  2. 申請先は、旭市消防本部予防課となります。(土日祝除く)
    ※申請前に、必ず事前相談をお願いします。

申請書等

みなさんの声を聞かせてください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?