ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 介護予防のための基本チェックリスト

本文

介護予防のための基本チェックリスト

更新日:2020年12月28日更新 ページ番号:0008383 印刷ページ表示

基本チェックリストとは、「階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか。」など生活機能に関する25項目の質問に回答していただき、ご自身の生活や心身機能で衰えているところがないか確認するためのツールです。基本チェックリストは65歳以上の方であれば、どなたでも受けることができます。
基本チェックリストを実施し生活機能の低下が認められた場合は、「事業対象者」として一部の介護予防のためのサービスが利用できます。

事業対象者が利用できるサービス

基本チェックリストで生活機能の低下が認められた場合、「事業対象者」として下記の介護予防・生活支援サービスが利用できます。

 
種類 回数(最大) 内容
訪問型サービス(ホームヘルプ) 週2回 食事や入浴、排泄など身体に直接触れて行う身体介護
調理や掃除、買い物などの生活援助(利用には条件があります)
通所型サービス(デイサービス) 週1回 食事、入浴などの日常生活上の支援や生活行為向上の支援が受けられる介護予防通所介護相当サービス
運動機能向上のための機能訓練を行う、短時間の運動機能向上型デイサービス
閉じこもり予防や自立支援のための体操やレクリエーションを行う、短時間の介護予防ミニデイサービス

 

サービス利用までの流れ

(1)申請・基本チェックリストの実施

高齢者福祉課またはお住まいの地区の地域包括支援センターで申請してください。
旭市地域包括支援センターについて(担当地区、連絡先等)

(2)判定・通知

基本チェックリストの内容を確認し、生活機能の低下の有無によって「事業該当者」「非該当」に判定します。

(3)ケアプラン(介護予防サービス計画)の作成

お住まいの地区の地域包括支援センターに、利用者の目標に合わせた介護予防ケアプランの作成を依頼してください。
※地域包括支援センターが居宅介護支援事業所に委託する場合もあります。

(4)サービスの利用

サービス事業者と契約し、介護予防ケアプランに基づいてサービスを利用します。

 

65歳以上の方ならどなたでも利用できるサービス

地域の住民が主体となった体操教室や、介護予防に関する講演会などの一般介護予防事業は、65歳以上の方ならどなたでも利用できます。
その他、配食サービスや緊急通報装置など、旭市独自の高齢者福祉サービスもあります。


高齢者福祉(生活支援)

高齢者福祉(助成)

(※一部、要介護度や年齢等に条件がある制度も含まれます。)