ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 保育・子育て > 妊娠・出産 > 特定不妊治療費助成

本文

特定不妊治療費助成

更新日:2020年11月10日更新 ページ番号:0001797 印刷ページ表示

特定不妊治療費助成を行います

 不妊治療は医療保険の対象外のものもあり、高額な医療費がかかります。

 これまで、県による治療費の助成が行われてきましたが、経済的負担をさらに軽減するため、市でも平成26年4月1日以降に治療を開始した特定不妊治療(体外受精・顕微授精)について、医療費の一部を助成します。

助成の対象となる方

1から4のすべての条件を満たしている方

  1. 千葉県特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けていること
  2. 夫及び妻が、申請日の1年以上前から旭市に住所があり住んでいること
  3. 夫及び妻が、申請日において市税の滞納がないこと
  4. 法律上夫婦であること

助成金額

  • 1年度当たり10万円を上限。
  • 特定不妊治療で要した治療費から、千葉県特定不妊治療費助成事業による助成額を引いた残りの自己負担額の2分の1を助成します。

 ※詳しくは、健康管理課にお問い合わせください。

申請に必要な書類

  1. 「千葉県特定不妊治療費助成承認決定通知書」の写し
    ※発行日から1年以内に申請してください。
  2. 千葉県に提出する「特定不妊治療受診等証明書」の写し
    (県に提出する前にコピーを取っておいてください。)
  3. 旭市特定不妊治療費助成金申請書(第1号様式)
    特定不妊治療費助成申請書ダウンロードページ
  4. 医療費の領収書
  5. 預金通帳の写し
  6. 印鑑

 なお、県の助成事業の内容や指定医療機関などは、千葉県ホームページ<外部リンク>でも確認できます。