ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

本文

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

更新日:2021年3月2日更新 ページ番号:0001791 印刷ページ表示

発熱等の症状があるとき

発熱等の症状を感じたら、かかりつけ医療機関(日頃、通院している医療機関)に必ず事前に電話で相談し、受診方法や時間帯などを確認してください。

医療機関を受診する際のお願い

・必ず電話で事前に相談し、受診方法や時間帯を確認してください。
(医療機関では、感染拡大防止のために、発熱患者の診療時間や受付・診療場所を分けて対応しています)
・自己判断で複数の医療機関を受診することは、控えてください。
・受診の際には、マスクの着用、手洗い、咳エチケットの徹底をお願いします。

かかりつけ医がいないなどの相談先に困った場合

相談先に困った場合には、下記に電話で相談をお願いします。

千葉県発熱相談コールセンター
電話番号:0570-200-139
受付時間:24時間(土・日・祝日も開設)

旭市健康づくり課
電話番号:0479-63-8766
受付時間:午前8時30分~午後5時(月~金 ※祝日を除く)
※受診可能な医療機関を紹介します。

少なくとも以下のいずれかに該当する場合は、かかりつけ医療機関にすぐに相談してください。
かかりつけ医療機関がない場合は、千葉県発熱相談コールセンターや旭市健康管理課にすぐに相談してください。

息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
●重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は、早めのご相談をお勧めします。
 妊婦の方も念のため、重症化しやすい方と同様に早めのご相談をお勧めします。
●上記以外で発熱や咳など比較的軽い症状が続く場合
強い症状や、味覚・嗅覚の異常などの気になる症状がある場合もすぐにご相談ください。
(解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様)

★お子様は、かかりつけ小児医療機関や千葉県発熱相談コールセンター、旭市健康づくり課に電話で相談してください。

千葉県のAIチャットボットによる情報発信

発熱など、感染が疑わしい場合の相談をはじめ、入力した問い合わせに対し、AIが会話形式で回答する多国語AIチャットボットによる情報発信を行っています。
対応言語は、日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語です。
利用方法は、パソコン等で下記のURLを入力しアクセスし、表示されるチャットボットに質問を入れてください。

URL:https://covid19-chiba.obot-ai.com<外部リンク>

厚生労働省の電話相談窓口

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時~午後9時(土、日、祝日も実施)

緊急性の高い症状(13項目)

新型コロナウイルス感染症の無症状や軽症患者の宿泊療養および自宅療養において、状態が急変する可能性もあることから、本人や家族が以下の13項目をひとつでも確認した場合には、ただちに宿泊施設に配置された看護師等や千葉県の連絡相談窓口に連絡してください。

【表情・外見】
・顔色が明らかに悪い
・唇が紫色になっている
・いつもと違う、様子がおかしい
【息苦しさ等】
・息が荒くなった(呼吸数が多くなった)
・急に息苦しくなった
・生活をしていて少し動くと息苦しい
・胸の痛みがある
・横になれない。座らないと息ができない
・肩で息をしている
・突然(2時間以内を目安)ゼーゼーし始めた
【意識障害等】
・ぼんやりしている(反応が弱い)
・もうろうとしている(返事がない)
・脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする