ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種 > 高齢者の定期予防接種
現在地 トップ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 健康づくり > 高齢者の定期予防接種

本文

高齢者の定期予防接種

更新日:2021年4月1日更新 ページ番号:0001767 印刷ページ表示
予防接種名 対象年齢 接種期間 助成額 予診票
発送時期
肺炎球菌
(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)
65歳 昭和31年4月2日
~昭和32年4月1日生
85歳 昭和11年4月2日
~昭和12年4月1日生
令和3年4月1日~令和4年3月31日 3,000円
助成は、過去に接種歴がない方に生涯1回限り
※生活保護受給者は全額を助成します。接種時に受給証明ができる書類を医療機関に提示し、申し出てください
7月頃
70歳 昭和26年4月2日
~昭和27年4月1日生
90歳 昭和6年4月2日
~昭和7年4月1日生
75歳 昭和21年4月2日
~昭和22年4月1日生
95歳 大正15年4月2日
~昭和2年4月1日生
80歳 昭和16年4月2日
~昭和17年4月1日生
100歳 大正10年4月2日
~大正11年4月1日生
60歳~64歳(昭和32年4月2日~昭和37年4月1日生)で、心臓・腎臓・呼吸器・免疫不全の疾患にて身体障害者手帳1級の認定を受けている方
※いずれもこれまでにワクチン接種を受けたことがない方が対象
インフルエンザ 65歳以上(昭和31年12月31日以前生まれ)
※65歳の誕生日を過ぎた方が定期予防接種となります
令和3年10月1日~令和3年12月31日 2,000円
※生活保護受給者は全額を助成します。接種時に受給証明ができる書類を医療機関に提示し、申し出てください
9月下旬
60歳~64歳(昭和32年1月1日~昭和36年12月31日生)で、心臓・腎臓・呼吸器・免疫不全の疾患にて身体障害者手帳1級の認定を受けている方

接種医療機関

接種料金

各医療機関で異なりますので、助成額を差し引いた料金を医療機関にお支払いください。

予診票を紛失した場合

 健康づくり課窓口にお越しください。

肺炎球菌ワクチンとは

  • このワクチンは、肺炎球菌による肺炎を予防し、重症化を防ぎます。
  • すべての肺炎が予防できるわけではないため、手洗いやマスクの着用、規則正しい生活などの日常生活での感染予防も大切です。
  • このワクチンは毎年接種するインフルエンザワクチンとは異なり、再接種には約5年以上の十分な間隔を空ける必要があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)