ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康 > 感染症 > 妊娠と新型コロナウイルス感染症に関する情報
現在地 トップ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 保育・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠と新型コロナウイルス感染症に関する情報

本文

妊娠と新型コロナウイルス感染症に関する情報

更新日:2020年5月7日更新 ページ番号:0001750 印刷ページ表示

感染が妊娠に与える影響

現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染しても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされていますが、妊婦の方が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があります。

日頃の感染予防

人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日頃の健康管理を徹底してください。
特に「密閉空間」、「密集場所」、「密接場面」という3つの密が同時に重なるような場所を避けてください。

新型コロナウイルス感染症の心配がある人へ

妊婦中の方については、念のため重症化しやすい人と同様に早めの相談が必要とされています。息苦しさや強いだるさといった症状があればすぐに帰国者・接触者相談センター<外部リンク>に相談してください。

妊婦の分娩前ウイルス検査および感染した妊産婦への支援について

千葉県では、新型コロナウイルス検査を希望する妊婦の方を対象に、検査費用の補助を行っています。また、感染が確認された妊産婦の方へ助産師などの専門職が相談支援を行います。詳細は、下記をご確認いただき、かかりつけ産婦人科医へご相談ください。

千葉県 新型コロナウイルス感染症に不安をかかえる妊婦の方へ(リーフレット) [PDFファイル/301KB]
千葉県 「新型コロナウイルス流行下における妊産婦等への支援について」<外部リンク>

妊婦健診の受診について

新型コロナウイルスに感染している可能性があるときは、妊婦健診受診を控えていただき、まずは帰国者・接触者相談センターに電話でご相談いただいた上で、かかりつけ産科医療機関にご相談ください。

分娩について

各都道府県においては、妊婦の方が罹患した場合の周産期医療機関提供体制の整備など、安心・安全な分娩の実現に努めています。新型コロナウイルスに感染した妊婦の方は、かかりつけ産科医療機関と分娩先などについてご相談ください。
また、里帰り出産については日本産科婦人科学会<外部リンク>のホームページを参照してください。

働き方

働いている方は、ご自身の体調なども踏まえ、勤務先とご相談ください。

厚生労働省 職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等への配慮について(要請)<外部リンク>

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について(リーフレット) [PDFファイル/782KB]

新型コロナウイルスに関する一般的な情報や詳しい情報は、下記の厚生労働省や関係学会のホームページをご覧ください。

厚生労働省「妊婦の方々へ向けたリーフレット」 [PDFファイル/230KB]

厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」<外部リンク>

厚生労働省 各分野の専門家からのメッセージ ビデオメッセージ集 ~妊婦のみなさま、小さなお子さまがいらっしゃるみなさまへ~<外部リンク>

一般社団法人日本産婦人科感染症学会「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ(随時更新)」<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)