ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 秘書広報課 > 緊急事態宣言を受けて市長からのメッセージ(令和2年4月8日)

本文

緊急事態宣言を受けて市長からのメッセージ(令和2年4月8日)

更新日:2020年11月10日更新 ページ番号:0003079 印刷ページ表示

4月7日、安倍総理から新型コロナウイルスの感染症緊急事態宣言が発令され、千葉県も対象地域となりました。
市では、国、県の要請を受け、新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、小中学校の臨時休業の延長、公民館、体育館、野球場やテニスコートなどの公共施設をゴールデンウイークが終わる5月6日まで休館することなどを決定いたしました。

全国で新型コロナウイルスの感染者が増加する中、旭市でも感染者が増加しており、感染経路の不明な方が確認されています。
感染拡大を防ぐためにも、政府の外出自粛要請等への全面的な協力を市民の皆様にお願いする必要があります。

市民一人一人の行動が感染の拡大防止につながります。緊急事態宣言を重く受け止め、不要不急の外出を控え、「密閉空間」「人の密集」「密接会話」という三つの条件が重なる場所を避け、人との接触を7割から8割減らすなど、1日も早い収束に向けて行動していただきたいと思います。市民の皆様には引き続きご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

旭市長 明智 忠直