ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 秘書広報課 > 緊急事態宣言の期間の延長を受けて市長からのメッセージ(令和2年5月7日)

本文

緊急事態宣言の期間の延長を受けて市長からのメッセージ(令和2年5月7日)

更新日:2020年11月10日更新 ページ番号:0003077 印刷ページ表示

新型コロナウイルスの感染拡大防止について、市民の皆様にはご理解とご協力をいただき厚く御礼申し上げます。
去る5月4日に、政府が「緊急事態宣言」の期間を全ての都道府県について、5月31日まで延長することを発表しました。また、千葉県は引き続き「特定警戒都道府県」となり、外出の自粛や休業要請など、市民の皆様ならびに事業者の皆様におかれましては、今後も多大なご協力をいただくこととなります。
旭市では、4月16日以降新たな感染は確認されておらず、これも市民の皆様の努力の積み重ねだと強く感じております。しかしながら、全国的には新たな感染者が日々確認され、予断を許す状況ではありません。
市では、今回の宣言の期間の延長を受けたことにより、新型コロナウイルス感染症対策本部会議において公民館や運動施設などの施設について、休館・休止期間の延長や、小中学校の休業期間の延長などをいたしました。
市民の皆様には長期間に渡るご不便・ご負担をおかけしますが、一人ひとりの行動が命を守り一刻も早い事態の収束につながりますので、ご理解とご協力をいただきますよう、あらためてお願い申し上げます。

旭市長 明智 忠直