ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップ > 組織でさがす > 本庁各課 > 秘書広報課 > 緊急経済対策第2弾の予算について市長からのメッセージ(令和2年6月25日)

本文

緊急経済対策第2弾の予算について市長からのメッセージ(令和2年6月25日)

更新日:2020年11月10日更新 ページ番号:0003074 印刷ページ表示

 市民の皆様方におかれましては、引き続き新型コロナウイルス感染症の予防対策として、国の示す「新しい生活様式」に心がけていただき、深く感謝申し上げます。

 6月定例市議会では、旭市独自の緊急経済対策の第2弾として、中小企業支援の対象業種の拡大・支援額の増額や、農水産業支援の創設などのほか、30%のプレミアム付き商品券の販売などを盛り込んだ補正予算5億3,000万円を計上し、本日、原案どおり可決いたしました。

 これからは、市民生活の安心・安全を守りつつ、様々な事業等を再開させ、社会経済活動を少しずつ回復していくことになりますが、引き続き、感染・まん延防止に務め、感染拡大の第2波、第3波に備えた予防対策を積極的に行いつつ、国や県の動向を注視しながら 医療施設、介護施設、福祉施設への支援など、第3弾の市独自の支援策を検討し、スピード感をもって取り組んでまいる所存であります。

 今後も、市民の皆様が安心して日常生活を送れるよう、新型コロナウイルスに関連した感染症対策に全力で取り組んでまいりますので、皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

旭市長 明智 忠直