本文へ
English
トップページ > ニュース > お知らせ > 平成31年4月から入札制度の一部が変更になります

最低制限価格の改定と総合評価方式の本運用について

更新日: 20181226

 平成31年4月1日より、旭市(水道事業を含む)が発注する建設工事等について、下記の入札制度が変更になります。4月以降の入札に参加する際は、必ず下記の内容および入札に関する要綱等を確認していただき、必要な手続きをしていただくようお願いします。
<改定した点>
・最低制限価格の算定方法の改定
・総合評価方式一般競争入札の本運用
 そのほかの入札制度に関する情報は、「入札・契約情報」をご覧ください。


最低制限価格の算出方法の改定

平成31年4月1日以後に入札公告を行う、設計額130万円を超える建設工事または製造の請負の入札(総合評価方式を除く)において、最低制限価格の算定方法を下記のとおり改定します。

1.下の(1)から(4)までの合計額(千円未満切捨て)に消費税を合計した額
(1)設計金額の直接工事費の額に100分の97を乗じて得た額(1円未満を切捨て)
(2)設計金額の共通仮設費の額に100分の90を乗じて得た額(1円未満を切捨て)
(3)設計金額の現場管理費の額に100分の90を乗じて得た額(1円未満を切捨て)
(4)設計金額の一般管理費等の額に100分の55を乗じて得た額(1円未満を切捨て)
ただし、その合計額が予定価格に100分の90を乗じて得た額を超える場合にあっては100分の90を乗じて得た額とし、予定価格に100分の70を乗じて得た額に満たない場合にあっては100分の70を乗じて得た額とする。

2.工事の性質上、1の方法で算出することが難しいと判断された場合は、予定価格(税抜)に100分の90を乗じて得た額から100分の70を乗じて得た額の範囲内の額(千円未満切捨て)に消費税を合計した額

最低制限価格に関連する要綱等

旭市契約事務取扱規程(平成30年12月26日改定)
旭市水道事業契約事務取扱規程(平成30年12月26日改定)

総合評価方式一般競争入札の本運用

 設計額1億円以上の建設工事の入札において、価格以外の要素を一体として評価することが妥当と認められる工事が対象となります。この制度は平成22年より試行されてきましたが、平成31年度より本運用するものです。
 制度の内容については、下記の要綱等をご確認ください。

総合評価に関連する要綱等

旭市建設工事総合評価方式実施要綱(平成30年12月26日告示)
旭市低入札価格調査実施要綱(平成30年12月26日告示)
旭市総合評価方式ガイドライン(平成30年12月26日策定)
旭市総合評価方式ガイドラインについてのQ&A(平成30年12月26日策定)

PDF形式のファイルなど、開けないコンテンツがある場合はこちら

このページに関するお問い合わせ
契約検査班
電話: 0479-62-5394
お問い合わせフォーム
旭市役所 法人番号 6000020122157 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.