本文へ
English
トップページ > ニュース > お知らせ > 飲食店などの消火器具の設置基準が強化されます

飲食店などの消火器具の設置基準が強化されます

更新日: 20190313

小規模な飲食店などにも火を使用する設備や器具が設置されている場合、消火器具の設置が必要です

平成28年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災の教訓を踏まえ、消防法令が改正され平成31年10月1日から原則としてすべての飲食店などの消火器具の設置が義務化になります。
今回新たに設置対象となる飲食店などは、平成31年9月末日までに必ず消火器具を設置してください。なお、消火器を設置した場合は、消防本部への届出が必要です。
業務用消火器

○業務用消火器
×住宅用消火器

主な改正内容

現在、飲食店などは延べ面積150平方メートル以上のものに消火器具の設置が義務付けられていますが、今回の改正により火を使用する設備や器具(※防火上有効な措置として総務省令で定める措置が講じられたものを除く。)を設けた飲食店などは、延べ面積にかかわらず、消火器具の設置が義務付けられました。
防火上有効な措置とは、「調理油過熱防止装置、自動消火装置又はその他の危険な状態の発生を防止するとともに、発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置」をいいます。鍋などからの吹きこぼれにより火が消えた場合に、ガスの供給を停止してガス漏れを防止する立ち消え防止安全装置は、防火上の有効な措置には該当しません。

消火器設置フローチャートPDFファイル【140KB】
令別表第一 用途判定例についてPDFファイル【141KB】

消火器の維持管理について

今回の改正から消火器の設置が義務化となった飲食店などは、消火器具の点検を6か月ごとに実施し、1年に1回消防長に報告する必要があります。
小規模な飲食店などの関係者が自ら消火器の点検と報告ができるように点検の方法や点検結果報告書の記入要領をまとめたパンフレットやスマートフォンアプリが、総務省消防庁のホームページに掲載されていますので活用してください。

消火器の点検報告パンフレット・消火器点検アプリ(試行版)

パンフレット

点検報告支援パンフレット

消火器

消火器点検アプリ(試行版)

点検報告支援パンフレット・消火器点検アプリ(試行版)

消火器法改正リーフレット

あなたのお店に消火器はありますか?PDFファイル【2434KB】

厨房における火災予防チェックリスト

あなたのお店、厨房は大丈夫?PDFファイル【5297KB】

このページに関するお問い合わせ
消防本部予防課
電話: 0479-63-5356
お問い合わせフォーム
旭市役所 法人番号 6000020122157 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.