本文へ
English
トップページ > 市政の情報 > 各課のページ > 市民生活課 > 健康づくり出前講座

健康づくり出前講座

 旭中央病院では、市民の皆さんの健康づくりを応援するため、「健康づくり出前講座」を実施しています。
 この講座は、市民の皆さんのご希望に応じて、皆さんがお集まりの場所に旭中央病院の職員が出向き、健康や病気予防などの話をするシステムです。

○講座のテーマ

 別表の講座メニュー表の中からお選びください。別表以外のテーマを希望する場合は相談を受けますが、応じられない場合もあります。

○申し込みできる方

 市内に在住、在勤、在学している10人以上の方で構成された団体・グループ等(ただし、事業所などの教育・研修目的は対象外)です。
 年齢制限はありませんが、未成年者のみのグループの場合には、申し込み時及び実施時に保護者または教師等の承認・同席が必須となります。

○実施日時

 年末年始(12月29日から1月3日まで)、祝日を除く、午前9時から午後9時までの間で、90分以内。相談に応じて日時を決めます。

○実施場所

 この制度は、市民の皆さんが主催される催しに、旭中央病院の職員を派遣するものですので、会場の手配や準備、及びそれに係る費用については、主催者側でご負担ください。なお、講師が機材(パソコン、プロジェクター、スクリーン等)を持ち込む場合があります。

○講師料

 無料です。

○申し込み方法

 利用申込書に必要事項を記入し、実施希望日の1か月前までに、旭中央病院広報患者相談課にFAXまたは持参してください。
 ※「講座名」は、必ず第3希望まで記入してください。「日時」は、できるだけ第2希望日を設定してください。
 申込書のダウンロードはこちら 利用申込書(PDF書類) 利用申込書(Word書類)

○申し込みできない場合

 ・公の秩序を乱し、又は善良な風俗を阻害するおそれがあると認めたとき。
 ・営利を目的とした催し等を行うおそれがあると認めたとき。
 ・その他、出前講座の目的に反し、その実施が適当でないと認めたとき。

○講座実施中の「禁煙」のお願い

 健康づくりを目的とした講座ですので、講座実施中は、会場内「禁煙」とします。

○講座の中止

 講師は、旭中央病院に勤務する医師・看護師等の医療従事者であるため、緊急の診療業務等が発生したときは、急遽実施の中止をお願いする場合があります。後日、代替日時での実施を相談しますので、ご了承ください。

○講演内容のコピーライトについて

 講演の内容や講演時に配布した資料等は、講師が所属する「旭中央病院」に帰属するものとし、講演の録音や録画、資料の転用はできません。

○申し込み・問い合わせ先

 旭中央病院 広報患者相談課
 電話:0479-63-8111(代)
 FAX:0479-62-7690

健康づくり出前講座メニュー

2016年度メニュー(4月1日現在)
演題 要旨
がんの予防と治療法
1
前立腺がんについて 前立腺がんは、進行する前に治療を始めれば治せる病気です。早期発見のための検診や地域医療の取り組み、新しい根治療法を紹介します。また、進行した前立腺がんに対する最新の治療法についてお話しします。
2
ロボットを使った前立腺がん手術 より正確な手術を目指して、ロボットの導入が進んでいます。前立腺がん手術の最新情報を紹介します。
3
大腸ポリープの診断と治療 大腸の検査の方法と大腸ポリープ・大腸がんに関して実際の写真をお見せしながら解説します。
4
肺がんの診断と治療について 増え続けている肺がんの診断と治療について解説します。
5
口腔がんと口腔粘膜の病気について 口腔がんとがんになるかも知れない口腔粘膜の病気についてお話しします。
6
「腫瘍」とは 「腫瘍」の定義、種類、性質など、基礎的な事を大雑把にわかりやすく説明します。
7
病理診断ってなあ〜に 病院で病理医が行なっている病理診断の内容について分かり易く説明します。また、病理診断がどのように治療の決定に関わっているか、「乳腺のしこり」の治療が決まるまでの流れを追って説明します。
8
がん検診と細胞診 細胞診について説明し、がんの早期発見について、写真を交えて、臨床検査技師(細胞検査士)の立場から説明します。
9
がん患者さんを支える相談支援と緩和ケアチーム がん診療連携拠点病院・相談支援センターの役割、がんになった時に心配なこと、緩和ケアについてお話しします。
10
緩和ケアについて “緩和ケアって何?” 緩和ケアの歴史やモルヒネの話、緩和ケア病棟の風景を紹介し、がん患者さんのスピリチュアをわかりやすく解説します。
11
がん患者とその家族のための緩和ケアについて 鎮痛薬の使い方や治療に伴う不安などへの対処法について解説します。
生活習慣と関わりの深い病気
12
生活習慣病と心血管疾患の関係 私たちの生活習慣が様々な疾患と結びついていることを理解していただき、特に心血管病との関係をお話しします。
13
高血圧の話 高血圧は心脳血管病の最大の危険因子です。その予防と治療について解説します。
14
メタボリックシンドロームについて 栄養過剰と運動不足が原因で起こるこの病態について、なぜそれがいけないのか解説します。
15
肺血栓塞栓症について 「エコノミークラス症候群」と呼ばれる肺血栓塞栓症は、意外に身近な病気であることを理解していただき、その予防と治療についてお話しします。
16
狭心症、心筋梗塞を防ごう 狭心症や心筋梗塞がなぜ起こるかを理解していただき、予防対策について解説します。
17
動脈硬化とその予防 動脈硬化を起こす要因はさまざまです。それらを理解していただき、どうすれば予防できるかについてお話しします。
18
冠動脈疾患のカテーテル治療について 冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)のカテーテル治療はめざましく発達してきました。その経過をお話しします。
19
心不全について 心不全の原因・増悪因子・予防と治療についてお話しします。
20
心臓の検査について 心臓の検査は心電図に始まり、実に様々な検査があります。それらについてわかりやすくお話しします。
21
足の血管の病気について 足の動脈や静脈にはそれぞれ特徴的な病気があります。その病気の成り立ちや予防・治療について解説いたします。
22
脳卒中について 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり、切れたりする病気です。その概要、急性期の治療についてお話しします。
23
生活習慣病の治療
(特に糖尿病治療について)
糖尿病を中心とした生活習慣病に関する知識を高めていただくため、以下のメニューを用意しています。1種類につき30分程度で、2種類または3種類のメニューを組み合わせ、60分〜90分の講座としてご利用いただけます。
※糖尿病の方でなくても役に立つ内容です。
  1. 糖尿病について(総論):医師
  2. 元気に長生きするために:医師
  3. 血糖値が高いってどういうこと?:看護師
  4. 糖尿病の主治医は自分!:看護師
  5. 足を大事にしよう:看護師
  6. 糖尿病の薬について:薬剤師
  7. 薬をきちんと飲むために:薬剤師
  8. 炭水化物(糖質)と血糖値:管理栄養士
  9. 減塩するために:管理栄養士
  10. 糖尿病がわかる検査:臨床検査技師
  11. 合併症が早く分かる検査:臨床検査技師
  12. レッツ!糖尿病予防運動:理学療法士
  13. 栄養と運動:理学療法士
  14. 運動による動脈硬化改善法:理学療法士
  15. 歯磨きで出血しませんか?糖尿病とお口の関係のお話です:歯科衛生士
  16. 運動の必要性(運動が代謝に与える効果):健康運動指導士
  17. 運動の種類と強度:健康運動指導士
性別や加齢による病気
24
頻尿への対処法 おしっこのことがしょっちゅう気になり始めると、憂鬱になり日常生活にも支障が出ます。頻尿の原因と、生活習慣や治療による克服法を紹介します。
25
尿路結石について 男性の5人に1人が一生に一度はかかるといわれるこの病気は、激しい痛みを起こしたり、尿路感染症や腎不全の原因にもなります。治療法と再発防止についてお話しします。
26
男性ホルモンと病気の関係 男性更年期障害とも言われる「LOH症候群」は活力が低下するだけでなく、老化を早める可能性もあります。年齢とうまく付き合う方法を一緒に考えましょう。
27
更年期障害にお悩みですか? 更年期障害のお悩み解決します。更年期障害とは何か?予防は?対策は?更年期世代を楽しく過ごす方法を一緒に考えましょう。
28
子宮脱の予防と治療 お年を召した方に多い子宮脱。その予防と治療についてお話しします。
29
物忘れと認知症 加齢による正常範囲の物忘れ、認知症、両者の中間である軽度認知障害についてわかりやすく解説します。
30
物忘れと正常圧水頭症について 認知症の中にはこの病気のように手術をすることで治る認知症もあります。「治る認知症」があることと、「年のせい」とあきらめないことの重要性について説明します。
31
認知症をもつ人のための地域連携 認知症は診断された時点がスタートです。医療・介護・福祉・行政および地域住民すべてが関わる必要があります。この講座では、東総地区での取り組みを紹介するとともに、皆で考える機会になればいいと思います。
32
顔面けいれん、三叉神経痛について 前者は顔の半分が勝手にピクピク動いてしまう女性に多い病気です。後者は顔面の特定の場所に激烈な痛みが繰り返して起こる病気です。手術をすることで、高い確率で治ります。
いざという時のために
33
家庭で出来る応急処置について いざという時に自分達で出来ること、応急処置について解説します。
34
野外(レジャー)での応急処置について 楽しい野外活動にも時に危険があります。野外でできる応急処置について解説します。
35
心肺蘇生法について 大切な人が突然倒れた時にあなたは何が出来ますか?AED(自動体外式除細動器)の使用法を含む心肺蘇生法について解説します。
36
中毒・誤飲について 小さな子供が、認知症のおじいちゃんが、間違って口にしたら危険なもの、その応急処置について解説します。
感染症やその他の病気
37
てんかんについて てんかん、よく分からない病気の代表です。でも、100人に1人がてんかんをもっています。この病気についてわかりやすく説明します。
38
うつ病について うつ病の原因、症状、治療、本人及び家族の病気に対する対応などについて、わかりやすく解説します。
39
熱中症について 熱中症とは?予防と治療について解説します。
40
低体温症について 温暖なこの地域でも冬には低体温症が多く発生しています。起こしやすい環境と危険について解説します。
41
「炎症」って何? 普段からよく使用される「炎症」という言葉について、体の中で何が起こっているのか、わかりやすく説明します。
42
インフルエンザについて 毎年流行するインフルエンザ。その予防、検査、治療について知っていると良いことを解説します。
43
インフルエンザと胃腸炎の予防法 インフルエンザと胃腸炎を中心に、家庭で出来る感染予防と対策についてお話しします。
44
性感染症について 性感染症は時代と共に変遷し、確実に日常生活に入り込んでいます。知らないうちにかかってしまう病気ですが、正しい知識を持てば感染の危険は激減します。
介護やケアのアドバイス
45
足の悩みとケアについて 長く歩くと足が痛む、足の変形があるなど、足に関しての不安がある方に、その要因として考えられることの自己チェック法と、対策についてお話しします。
46
介護を必要とする体にならないために 体力の低下を予防するための運動のコツなどを解説します。
47
高齢者の栄養管理について 在宅における栄養管理のポイントを調理の工夫を合わせて説明します。
48
高齢者の口腔ケアについて 高齢者と要介護者に対する口腔ケアについてお話しします。
49
口腔ケアと入れ歯の取扱い方について 高齢者と要介護者に対する口腔ケア、入れ歯の手入れ方法(磨き方、保管方法など)について、歯科衛生士と歯科技工士の立場からお話します。
50
在宅で出来る脳卒中リハビリテーション 脳卒中によって半身麻痺などの症状がある方が自宅でできるリハビリテーションを解説します。
51
排泄介助が必要な高齢者のケア オムツの中の皮膚は湿潤により、皮膚がかぶれを起こしやすく、皮膚の病気にかかりやすくなります。オムツ内の皮膚の状態を健康に保てるケアについてお話しします。
52
褥瘡予防とそのケアについて 寝たきりの方がなぜ褥瘡(じょくそう)を起こしやすいのかを解説し、予防のケアと出来てしまった褥瘡の洗い方や、注意点を解説します。
子育てのヒント
53
幼児の発達について 幼児の発達について、ことばや遊びの面のお話をします。
54
乳幼児のむし歯とその予防について なぜむし歯になるのか?その原因と対策についてお話しします。
55
小児・虐待予防について(早期発見、予防、ケアなど) こども虐待についての基礎知識と対応をわかりやすくお話しします。
食事に関するアドバイス
56
生活習慣病を予防する食事 生活習慣病は、食事次第で予防できます。そのポイントを説明します。
57
高血圧症の食事療法 高血圧の予防、または治療をしている方への食事の摂りかたを説明します。
58
病院食ってどんな食事? 入院したらどのような食事が提供されるのか、食事療法の食事はどのような物かを説明し病院食の理解を深めていただきます。
59
入れ歯と歯科インプラントの話 入れ歯と歯科インプラントについて、それぞれの仕組みと利点・欠点について説明します。
その他
60
なぜ医療機関の役割分担が必要なの? 住み慣れた地域で安心して老後を過ごすために、国が考える医療政策と、それを実現するための医療機関の役割分担と連携についてお話しします。
61
放射線と放射能について知ろう 原発事故以降関心が高まっている放射線と放射能について、福島をはじめ各地で相談対応を行ってきた経験を踏まえ、基礎知識をお話しします。
62
脳死と臓器移植について 臓器移植法が施行され、脳死体からの臓器提供、最近ではニュースにもならなくなりました。改めて中立の立場から講義をしたいと思います。そう、正確な知識なしでは賛成反対は決められませんので。

PDF形式のファイルなど、開けないコンテンツがある場合はこちら

このページに関するお問い合わせ
市民生活課
電話: 0479-62-5396
お問い合わせフォーム
旭市役所 法人番号 6000020122157 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.