本文へ
English
トップページ > ニュース > イベント > 一緒に米づくり体験をしませんか

一緒に米づくり体験をしませんか

更新日: 20180330

~幽学の里で米づくり交流〜

「旭市都市農漁村交流協議会」では、国の指定史跡である大原幽学ゆかりの水田での米作りイベントを通して、都市と農村の交流活動をしています。
田植え、草取り(生き物調査)、稲刈り、収穫祭と年間4回の体験型イベントとなります。米作りの楽しさ、大変さを知り、自然とふれあうこの体験をとおして、わたしたちと楽しい交流をしましょう。

対象者

米作り体験・交流に関心のある人

開催場所

大原幽学遺跡史跡公園(千葉県旭市長部345−2)

平成30年度 米づくりスケジュール
イベント 開催日 内容
田植え 5月5日(土) 大原幽学が生み出した植え方である「正条植え」で手で苗を植えていきます。大原幽学の業績を学ぶ「幽学ミニ講座」もあります。
草取り・生き物調査 7月7日(土) おいしいお米になるために必要な田・畦の草取り作業と、田んぼに住む生き物を調査・観察します。かまどで炊いたごはんでのカレーライスの提供もあります。
稲刈り 9月1日(土) 実った稲の刈り取りを行います。刈った稲を束ねるために、縄編みも行います。
収穫祭 10月6日(土) サツマイモの収穫体験やもちつき体験のほか、お昼には皆でお雑煮を食べます。午後はお米の収穫を祝って楽しくお祭りをします。旭市の特産品などが当たるお楽しみ抽選会もあるよ。

 ○ 雨天決行ですが、台風や地震などの災害により中止になる場合があります。
 ○ 毎回10時半開始〜15時終了予定。
 ○ 現地集合解散となります。駐車場は東総ハム(旭市長部325-10)の隣にあります。
 ○ 草取り(7月7日)と収穫祭(10月6日)以外、昼食をご持参ください。田植え(5月5日)と稲刈り(9月1日)の昼食の際には、旭市
 産の野菜や豚肉を使った協議会スタッフ自慢の「豚汁」の提供があります。
 ○ 収穫したお米(5kg)をお持ち帰りいただけます。
 ○ 参加者には後日詳細を記載しました説明書をお送りします。

参加費用

6,000円
・全4回の体験費、収穫米5kg、各回の保険料等経費を含みます。
・1家族6名までの参加費です。

申込方法

「幽学の里で米づくり交流」と明記し、(1)参加者全員の名前(フリガナ)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話・携帯番号を記入して電話、はがき、またはe-mailにて旭市都市農漁村交流協議会(旭市農水産課振興班)へお申し込みください。

申込期間

平成30年4月20日(金)まで
※ 先着順に受付いたします。定員になり次第、申込期間中であっても締め切ります。

申し込み・お問い合わせ先

〒289-0512 千葉県旭市南堀之内10番地
旭市都市農漁村交流協議会  (事務局:旭市農水産課振興班内)
電話番号:0479-68-1175
e-mail:nosui@city.asahi.lg.jp

このページに関するお問い合わせ
農水産課 振興班
電話: 0479-68-1175
お問い合わせフォーム
旭市役所 法人番号 6000020122157 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.