本文へ
English
トップページ > ニュース > お知らせ > 旭市総合戦略(地方創生)

旭市総合戦略(地方創生)

更新日: 20180226

最新情報

旭市総合戦略(地方創生)

 平成26年11月21日に「まち・ひと・しごと創生法」(平成26年法律第136号)が制定され、国においては、人口の現状と将来の展望を提示する「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び、今後5か年の政府の施策の方向を提示する「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が、平成26年12月27日に閣議決定されました。
 急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口減少に歯止めをかけるとともに、地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力あるまちを維持することを目的に、市町村版総合戦略の策定が努力義務として規定されています(同法第10条)。
 旭市は、国及び千葉県が示す長期ビジョン・総合戦略を勘案しつつ、本市における人口推移等の分析、将来の展望を盛り込む「旭市人口ビジョン」を策定し、これを踏まえて、27年度から5年間の基本的な目標や方向性、地域の実情に応じた具体的な取組等をまとめた「旭市総合戦略」を策定します。

「旭市総合戦略」を策定しました

 旭市総合戦略は、急激な人口減少に歯止めをかけ、地域の活性化を図り、持続可能な社会の実現を目指すもので、総合計画に代わる本市の新しいまちづくりの指針となるものです。
 将来都市像につきましては、市民の誰もが将来にわたって住み続けたいと思えるまちであり、市外から訪れる人も住みたいと思うまちになることを目指して、「郷土愛からつなぐ未来 ず〜っと大好きなまち旭」としました。
 この将来都市像の実現に向けて、

■地産振興プロジェクト
■子宝育成プロジェクト
■故郷創出プロジェクト
■安心形成プロジェクト

の4つの重点プロジェクトと旭市生涯活躍のまち構想を掲げ、積極的に施策を展開していきます。
 特に、旭市生涯活躍のまち構想は、子育て世代から高齢者までの多世代が、生涯にわたり活躍できるまちを旭中央病院の周辺に創ろうとするもので、今後は、基本計画を策定し、構想の実現に向けて取り組んでいきます。
 これらプロジェクト等の実現に向けて、5年後の数値目標を設定し,また、各施策の展開には、その効果を検証できる重要業績評価指標(KPI,Key Performance Indicatorsの略)を設定し,毎年度検証を行い,必要に応じて見直しを行っていきます。
 人口減少という厳しい現実に直面している今こそ、人と人とのつながりを大事にして、旭にある「宝」に磨きをかけて、地域の魅力や特性を最大限に生かし、将来にわたって住み続けたいと思えるまちづくりを進めていきます。

旭市総合戦略【全体版】PDFファイル【4779KB】
【分割版1】旭市総合戦略(表紙、あいさつ、目次、全体概要)PDFファイル【547KB】

【分割版2】旭市総合戦略(人口ビジョン)PDFファイル【1345KB】

【分割版3】旭市総合戦略(重点戦略)PDFファイル【1100KB】

【分割版4】旭市総合戦略(基本施策)PDFファイル【1293KB】

【分割版5】旭市総合戦略(参考資料、用語解説、奥付、裏表紙)PDFファイル【707KB】
旭市総合戦略【概要版】PDFファイル【3320KB】
【分割版1】旭市総合戦略概要版(表紙、ごあいさつ、総合戦略基本的な考え方、旭市の人口問題)PDFファイル【1427KB】

【分割版2】旭市総合戦略概要版(将来人口の目標、「旭市総合戦略」の全体概要、旭市が目指す将来のすがた)PDFファイル【704KB】

【分割版3】旭市総合戦略概要版(重点施策1〜4、旭市生涯活躍のまち構想)PDFファイル【1204KB】

【分割版4】旭市総合戦略概要版(基本施策、裏表紙)PDFファイル【470KB】

【参考】まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」と「総合戦略」の全体像

zentaizou

まち・ひと・しごと創生本部(内閣官房)

旭市総合戦略懇談会

 旭市総合戦略を策定するに当たり、広く市民の意見を反映させるため、幅広い年齢層からなる市民の方々をはじめ、また産業界・行政機関・教育機関・金融機関・メディア等の各分野から選出された方々で構成される懇談会を設置しました。

旭市総合戦略調整会議

 旭市総合戦略を策定するに当たり、全庁的に横断的かつ総合的な視点で事業等を検討し推進するための組織を立ち上げました。

旭市総合戦略策定のため「市民アンケート」を実施しました

 地方版総合戦略の策定にあたっては、幅広い年齢層からなる住民など、広く関係者の意見が反映されるようにすることが重要なことから、旭市総合戦略の策定に向けて市民アンケートを実施しました。このアンケートは無記名であり、個別の調査結果も公表いたしませんので、みなさまにご迷惑をおかけすることは一切ございません。

<アンケート対象者>
●平成7年4月1日以前に生まれた方3,000人(無作為抽出)
※平成9年4月2日から平成12年4月1日までの間に生まれた方がいるご家庭には、「旭市の未来を担う若者世代」へのアンケートも同封している場合があります。
<アンケート実施期間>
アンケートは終了しました。※(参考)7月10日(金)〜24日(金)

アンケート結果

旭市総合戦略(案)パブリックコメントを実施しました

 パブリックコメントは終了しました。

 今後は、提出されたご意見を考慮して、旭市総合戦略を決定します。

パブリックコメント意見募集結果ページへ

地方創生先行型交付金事業の効果検証を実施しました

 国は、地方創生を推進するため、地方版まち・ひと・しごと創生総合戦略策定と、これに関する優良施策の実施を支援することを目的に地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型交付金)を、平成26年度補正予算にて創設しました。
 本市では、本交付金を活用して、総合戦略の策定に先行して、地方創生に資する事業を実施していることから、「旭市総合戦略評価委員会」においてその効果検証を実施しましたので、その結果を公表します。

旭市総合戦略評価委員会

 総合戦略のPDCAサイクルのうちCheck(評価)を行うため、旭市総合戦略評価委員会を設置し、会議を開催しましたので、議事録(要約)と評価に係る意見や市の対応等を記載したマネジメントシートを掲載します。

旭市総合戦略評価委員会議事録【要約】(平成28年10月31日開催)PDFファイル【184KB】
旭市総合戦略評価委員会議事録【要約】(平成29年10月6日開催)PDFファイル【397KB】

地方創生加速化交付金事業の効果検証を実施しました

 国は、地方版まち・ひと・しごと創生総合戦略策定に位置づけられた先駆性のある取組の円滑な実施のために、地方創生加速化交付金を平成27年度補正予算で創設しました。
 本交付金の事業効果について、「旭市総合戦略評価委員会」において検証を行いましたので、その結果を公表します。

旭市生涯活躍のまち

 当市は、平均気温15℃の温暖な気候、豊かな農水産物と多くの観光資源に加え、三次救急までを担う1,000床規模の旭中央病院を核とした高度医療と介護資源に恵まれています。このような強みを最大限に生かして、アクティブシニアが旭市(生涯活躍のまち)に移り住み、仕事やまちづくり、生涯学習、スポーツなど多方面で活躍し、万一、介護が必要な状態になっても施設等へ転居することなく、在宅のまま継続して安全・安心で豊かな生活を送ることが可能な居住環境を創出し、『日本一の安心と生きがいのあるくらしを目指す 生涯活躍のまち・あさひ』の実現を図っていきます。
 
 生涯活躍のまちが、旭中央病院、道の駅「季楽里あさひ」及び地元農業高校等の地域資源と連携し、民間活力を導入したコミュニティビジネス・ヘルスケア産業の活性化による雇用創出や市民協働の場の提供を図り、子育て世代や働き盛りの生産年齢層を含めた多世代の流入と定住を促進することで、市全体の活性化を目指します。

地域再生計画の認定について

平成29年11月7日付けで以下の地域再生計画が内閣総理大臣の認定を受けました。

地域再生計画とは

 地域再生法に基づき、地域が行う地域再生のための自主的・自立的な取組を総合的かつ効果的に支援するため、地方公共団体が作成した地域再生計画について内閣総理大臣が認定するもので、認定を受けた地域再生計画に基づく必要な措置を講ずるものです。

旭市の地域再生計画の概要

1.地域再生計画の名称
 『日本一の安心と生きがいのあるくらしを目指す 生涯活躍のまち・あさひ』

2.計画の期間
 平成29年度〜平成31年度

3.適用される国の支援措置
 地方創生推進交付金(内閣府)

首相官邸のホームページへ
このページに関するお問い合わせ
企画政策課
電話: 0479-62-5307
お問い合わせフォーム
旭市役所 法人番号 6000020122157 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.