本文へ
English
トップページ > 観光情報 > あさひ探訪 > 蛇園出清水地区の自然

あさひ探訪「蛇園出清水地区の自然」

あさひ探訪

蛇園出清水地区の自然

蛇園出清水地区(へびぞのでしみずちく)は、その名のとおり清水が湧出する自然豊かな地域です。
ホタルや希少植物などがいまなお残る貴重な環境を守るため、地域を上げて保護活動に取り組んでいます。

蛇園出清水地区とは

蛇園出清水地区は、約4haの面積を有し、かつては棚田で水稲の栽培をしていましたが、近年は休耕により荒地が増えてきました。

こうした中、地区の地主31名が水田の管理と周辺の環境保全活動に立ち上がりました。平成14年に蛇園出清水管理組合を組織し、この地区に生息するゲンジボタル(生息地として市指定天然記念物)やシラン、食虫植物等の保護、コスモス、菜の花などの景観形成作物の栽培や河津桜の植樹を行っています。

【地域に生息する生物、植物】
 河津桜(2月下旬〜3月中旬)
 菜の花(2月〜4月頃)
 ゲンジボタル(5月下旬〜6月中旬)
 シラン(6月中旬)
 彼岸花(別名「曼珠沙華」8月下旬〜9月中旬)
 コスモス(8月下旬〜10月中旬)

ホタルの里

特にホタル観賞に適しているのは還来寺の近辺で、お堂の裏は建物の陰になっていることもあり、発光するホタルを見つけやすいです。

気温が高く曇りで風がない日、月明かりのない暗い夜となればチャンス! たくさんのホタルが発光しながら宙を舞う姿がみられます。
幻想的な光景は、感動モノですよ!

出清水地区では養成池を設置するなど、貴重なホタルの保護活動に取り組んでいます。 地区の地権者が共同で管理している区域のため、一般の立ち入りを制限している場所もあります。

還来寺(げんらいじ)と濤川惣助(なみかわそうすけ)

還来寺は真言宗智山派の寺院で、宝暦8年(1758年)に建立されました。
七宝工芸の最高峰と称され、明治の帝室技芸員を務めた芸術家、濤川惣助(1847-1910)の生家の菩提寺として知られています。

蛇園の農家に生まれた惣助は、やがて「無線七宝」というぼかしを基調とした日本画そのままの七宝焼を完成し、国内外の人々を驚かせることになります。迎賓館大食堂(旧赤坂離宮・花鳥の間)に残る花鳥七宝は、国宝的名品と評価されています。

まるごと旭スタッフの取材メモ

ホタル観賞の際は、海上野球場近くから還来寺に向かう間に駐車場がいくつかあるので、そこから徒歩で向かうのがオススメです。
そこかしこで舞うように飛ぶホタルを追いつつ、お寺を目指すのも楽しいですよ。
奥に見えるのが還来寺。
このあたりの道路脇にもホタルが舞うのが見られます。

基本データ

ほたるの里 蛇園出清水地区
所在地 旭市蛇園612
交通 [電車]
JR総武本線「飯岡駅」から徒歩約15分
[車]
銚子連絡道「横芝光IC」から国道126号経由約20km(40分)
東関東道「大栄IC」から東総有料道路経由約26km(55分)

還来寺
所在地 旭市蛇園612
連絡先 旭市商工観光課
電話: 0479-62-5338
交通 [電車]
JR総武本線「飯岡駅」から徒歩約15分
[車]
銚子連絡道「横芝光IC」から国道126号経由約20km(40分)
東関東道「大栄IC」から東総有料道路経由約26km(55分)

地図

旭市役所 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.