本文へ
English
トップページ > 観光情報 > 伝統行事 > 鎌数の神楽(県指定無形民俗文化財)

鎌数の神楽(県指定無形民俗文化財)



鎌数伊勢大神宮は、椿の海を干拓してできた「干潟八万石」の大業完成記念として、寛文12年(1672年)に伊勢皇大神宮より御分霊をおうつしして干潟の総鎮守産土神としておまつりした神宮であり、ここで行われる神楽は、江戸中期の宝歴6年(1756年)から続き、毎年、3月27日・28日(各日午前11時ごろから午後5時ごろ)にうずめ、おかめ、鯛釣りなど12座の舞で五穀豊穣を祈願します。
太鼓・鼓・笛による古式豊かな演奏も加わり、神楽をさらに引き立てます。
昭和40年に千葉県無形民俗文化財に指定されました。

【交通】
JR総武本線「干潟駅」から徒歩20分

※ 最新の情報を『ニュース』コーナーで掲載している場合があります。あわせてご参照ください。

旭市役所 法人番号 6000020122157 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.