本文へ
English
トップページ > 観光情報 > みどころ・名所 > 大原幽学(おおはらゆうがく)遺跡 【国指定史跡】

大原幽学(おおはらゆうがく)遺跡 【国指定史跡】



長部村を中心に後半生を村の改革に捧げた「大原幽学」の旧宅は天保13年(1842年)に下総地方の信奉者たちが、住居兼教導所として提供したものであり、間口5間(約9m)、奥行き3間(約5.4m)であるが8畳2間に台所を付した簡素なものであり、設計は幽学自身が当たりました。
同年9月18日落成(新築の教導所は「改心楼」と称した)、幽学の説くところは、農村生活全般の改善に及び、協同組合の始まりともいうべき「先祖株組合」の創設、耕地整理等の農業生産技術の合理化など、村の向上に多くの寄与をしました。晩年幕府の嫌疑と弾圧を受け安政5年(1858年)御塚の地で自害しました。

【交通】
JR総武本線「旭駅」から千葉交通バス「小見川」行き、「中和バス停」下車徒歩20分
【リンク】
大原幽学記念館ホームページ

※ 最新の情報を『ニュース』コーナーで掲載している場合があります。あわせてご参照ください。

旭市役所 法人番号 6000020122157 〒289-2595 千葉県旭市ニの1920番地 【地図】 / 電話:0479-62-1212(代表)
開庁時間:土日・祝日・年末年始を除く、月曜〜金曜 午前8時30分〜午後5時15分(一部窓口及び施設を除く)
Copyright(C) City of Asahi. All Rights Reserved.