たべる

食の郷あさひをたべてみよう

食べ尽くす

特産品カレンダー

特産品カレンダーの図
特産品カレンダーの図

全国5位の農業産出額を誇る食の郷あさひ。
安くて新鮮なものが年間を通して揃っています

旭の特産物
飯岡メロン

旭市の夏を代表する「飯岡メロン」は、甘味が強く、香りの良さが自慢です!代表品種の「タカミ」果肉がオレンジ色の「タカミレッド」網目が細かく見た目が美しい「オルフェ」これらを総称して「飯岡メロン」と言います。

大粒いちご

県内トップの「いちご」の産地である旭市では、様々な品種が栽培されており、毎年12月のシーズンには電球の温かな色がハウスを彩ります。1月中旬から5月上旬までイチゴ狩りもあります。

きゅうり

旭市の「きゅうり」は鮮やかな緑色が特徴的で、瑞々しさとパリッとした食感が自慢です!一大産地である旭市では、フリーダムや四川きゅうりなど品種も様々。最近はスイーツやフライなどにも調理され、年代を問わず大人気です。

完熟トマト

旭市は県内トップの「トマト」の産地で、市を代表する野菜の一つです。大玉・中玉・ミニなどお好みで楽しめます。また、旭市のトマトはとにかく美味くて甘い!ぜひ、新鮮なトマトをまるかじりしてみませんか。

やわらか春菊

旭市は、全国でもトップクラスの「春菊」の産地です。旭市の春菊は温暖な気候のもと、ハウスで栽培しているため、やわらかさが自慢です。定番の鍋物のほか、サラダや天ぷらなどにもオススメです。ぜひ、この食感をお楽しみください。

パセリ

脇役のイメージが強い「パセリ」ですが、全国トップクラスの産地である旭市のパセリは、かき揚げやサラダなどで食べられ、どちらかというと主役!一年を通して採れ、緑が濃く、葉の縮れが細かいものが新鮮です。

肉厚マッシュルーム

一年を通して採れる旭市の「マッシュルーム」は、肉厚で歯触りが良く、特に香りと味わいの濃厚さが特徴。バター炒めにシチュー、きんぴらや肉詰めなど、調理方法も様々です。どんな料理にも合う万能きのこを味わってください。

旭市は早場米の産地です。通常、新米といえば10月頃ですが、旭市では8月下旬頃から新米が食卓に上ります。品種はコシヒカリを中心に、ふさこがねやヒメノモチが栽培され、萬歳米や幽学の里米などのブランド米も楽しめます。

豚肉

旭市は、国内屈指の「豚肉」の一大産地です。濃厚でジューシーなとんかつに、さっぱりと素材の風味が楽しめる豚しゃぶなど、味わい方は色々。また米仕上げ豚やマーガレットポークなどのブランド豚の食べ比べも楽しめます。

九十九里地はまぐり

千葉ブランド水産物にも認定されている「九十九里地はまぐり」。ブランドに認定される品は殻長5cm以上で旨味たっぷり。身が大きくダシがあふれ、食感の良さが特徴です。焼きはまぐりや酒蒸しがオススメです!

天然モノ!巨大磯ガキ

磯ガキは地元で獲れる天然モノの「岩ガキ」を言い、産地となってます。旬は5月から8月で、手のひらサイズのものもあります。その実は「海のミルク」といわれるほど栄養に富み、風味は抜群。一度食べたらやめられません。

丸干しいわし

県内2位の水揚げ量を誇る飯岡漁港では、様々な魚が獲れますが、なかでもいわしは代表的な漁獲物です。この獲りたてを塩漬けにして天日で干した「丸干しいわし」は、良質なタンパク質やDHAなど栄養たっぷりの健康食品です。

特産品が食べられるお店

「食の郷あさひ」を食べ尽くすには、旭市の情報が盛りだくさんのガイドブックがおすすめです。

買う

旭の美味いものが勢ぞろい。バイキングレストランで旭を堪能しよう!

道の駅 季楽里あさひ

季節ごとの野菜や果物、お肉に海産物など、旭市自慢の味覚が大集合しています。
旬のとれたて市場では、地元で作られた野菜や肉、港直送の海産物など新鮮な品が並び、輸送コストもないので安く手に入ります。
バイキングレストランでは、時間が90分もあるので、旬の食材を使った料理を存分に味わえます。

バイキングレストラン

旬のとれたて市場